オーサワジャパンの品質基準

オーサワジャパンは3つの「自然食品の品質基準」と、4つの「マクロビオティックの品質基準」を元に厳しく審査しています。

厳格な基準による品質保持を最優先しているため、気象条件等による農産物供給量の低下やそれに伴う価格変動がおこる場合もあります。

■自然食品の品質基準
自然食品とは一般的な自然食品の基準で選択した安全な食品です。
その品質基準は以下の3点です。

【無農薬有機栽培優先】
3年以上農薬、化学肥料、除草剤を使用していない安全な農産物原料を努めて使用しています。

【食品添加物不使用】
天然・合成を問わず、毒性の強い食品添加物は使用していません。

【遺伝子組み換え作物不使用】
DNA操作による遺伝子組み換えのある食品は使用していません。


■マクロビオティックの品質基準
自然食品の品質基準をクリアした食品の中からさらにオーサワジャパン独自の品質基準(マクロビオティックの考えによる基準)により、再度食品を選別しています。

【国内生産優先】
ポストハーベストや燻蒸等による汚染がある輸入品は扱っていません。

【動物性原料不使用】
牛、豚などの動物性食品は扱っていません。

【精製糖不使用】
白砂糖、グラニュー糖などの精製糖は使用していません。

【伝統製法優先】
味噌、醤油は長期熟成、油は圧搾した製法など、伝統的な製法の商品を扱っています。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ