医食同源

医食同源(いしょくどうげん)とは、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方。

「医食同源」という言葉自体は中国の薬食同源思想から着想を得て、近年、日本で造語された。この言葉「医食同源」は発想の元になった中国へ逆輸入されている。


この考え方を見ると、現代の日本人は偏った食生活を続けていることになります。戦後は外国の食べ物が多く取り入れられ、動物性たんぱく質や高たんぱくになっています。

マクロビオティックで本来の日本時の食生活を取り戻しましょう。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ